自動車のトラブル対応マニュアル

テクスチャー10自動車に関するトラブルは色々ありますが、そういった時にしっかりと対応する為にもマニュアルを頭に入れておく必要があります。
マニュアルは色々ありますが、まずはトラブルの中でも特に多いパンクについてです。
路上にはガラス片やクギなどの異物が落ちている事がありますので、そういった異物を踏む事によってパンクをしてしまう事があります。
もし、パンクをしてしまった場合には、まず落ち着く事が大切です。
焦っておかしな行動をしてしまうと却って事故を引き起こしてしまう事にもなりますので、違和感を感じたら気持ちを落ち着かせるように心掛ける必要があります。

 
その後は周囲の状況をしっかりと確認し安全な場所に停める事になりますが、安全な場所に停める事ができたらハザードランプを点灯させるなどして自車の存在を周囲に知らせる事が大切です。
その後はタイヤの交換やパンクの修理をするなどして対応するという選択肢やレスキューを呼ぶという選択肢があります。
他にもトラブルとして多いのがバッテリーあがりです。
バッテリーがあがってしまった時にはレスキューを呼ぶのも良いのですが、周囲のドライバーにブースターケーブルを使って助けてもらうという選択肢もあります。
その為にも普段からケーブルを常備しておくと安心です。

 

 
カーセブン 評判