ホーンが鳴るかで自動車の症状診断

自動車に乗ろうとしたら、エンジンがウンともスンとも言わないという経験はおありでしょうか。
こんなときは電気系統に何らかのトラブルが発生したケースが多いです。
そんな時、自分でもできる症状診断の方法があります。
まず、イグニッションキーをセルモーターが回る前の、「ON」の位置に合わせます。そしてホーンを鳴らしてみることです。もし、全くならないとするなら、バッテリーが完全に上がっている可能性が高いです。これは、自分でもなんとか解決できるレベルの問題かもしれません。もし手持ちにブースターケーブル(わに口がついた太い電線ケーブル)があれば、ほかの車のバッテリーとつないで、エンジンをかけることができます。同じ極の端子を並列でつなぎ、ほかの車に少しだけエンジンをふかしてもらいながら、自分の車のキーを回すようにすれば、たいていかかります。一度エンジンがかかれば、エンジンを切らない限り止まることはありませんので、そのまま近くの車屋さんに行ってバッテリーを交換してもらいましょう。
もし、警報器が何の問題もなく、鳴るのにセルモーターがウンともスンとも言わないという症状なら、それは本格的なトラブルの証です。出張で見に来てくれる車屋さんか、手持ちの自動車保険のロードサービスなどを利用して専門家に診てもらわなければなりません。

Comments are closed.