ジャンピングケーブルで電気を貰う

ヘッドライトをつけっぱなしにしていて、バッテリーがあがってしまった、出先でバッテリーがあがりエンジンがかからなくなってしまった。 そのような時にはジャンピングケーブル(ブースターケーブル)で他の車から電気を分けてもらいましょう。

電気を分けてもらうには、ケーブルが必要となります。これは赤と黒に分かれていてバッテリーに接続する時にわかりやすくなっています。 まず、電気をわけてもらうにはバッテリーのあがった車と、救援車のボンネットをあけてケーブルの届く範囲にエンジンを切って停車させます。 そして、ケーブルを接続しますがこの際、接続する順序を間違えるとショートしてしまう危険性があり注意が必要です。 まず上がった車のプラスにケーブルをつなぎ、救援者のプラスにも接続します。次に救援車のマイナスに接続してから、 あがった車のエンジンの金属部分などに端子を接続します。これはショートした際、火花でバッテリーの水素などに引火するのを、 防ぐためです。 ケーブルがしっかり接続されたことが確認できたら、まず救援車側がエンジンをかけアクセルを踏みエンジンの回転を少し高めに保ちます。 そして、バッテリーのあがった車のスターターを回しエンジンを始動させます。 無事エンジンがかかったら、あとは逆の手順でケーブルを外します。

その後は普通に走行することが可能ですが、充電が不十分であったり、バッテリーが寿命を迎えていた場合、 エンジンを切ると再び始動できないことがあるので、早めに専門店などに点検してもらうのが良いでしょう。

Comments are closed.