寒いとエアコンは利かない、外気導入を

寒い時期は車の車内が曇ることがあります。そのまま走行するととても危険な状態です。
車は密閉されている状態なので外が寒い時や、室内にたくさん人が乗ったり、水分が多い時は窓が曇ってしまいます。
これは拭いてもまた曇ってくるのであまり効果はありません
窓についている湿気をとる必要があるので、まず風の吹き出し位置を窓にします。オートにしている場合など冬場は足元の吹き出しになっていることが多くあります。
そして風を出して水分を飛ばすことで曇は徐々に取れてきます。しかしこの時エアコンにしている場合寒いと効きが悪くなります。
また送風を止めてしまうと内部の温度差によって湿気が出てきてまた曇ってしまうということがあります。
このような場合は外気導入にして送風します。外気導入とは車外から空気を取り入れるということなので、車内の湿度が高くなって窓などが湿度で曇っている場合、車外の湿度の低い空気を取り入れることで窓についている湿気を取り除くということができます。
また外気導入はエンジンルームの中を通って風を取り入れるために、外気の冷たい空気ではなく、乾燥した暖かい空気となるので冬場のガラスの曇りとりにはとても適した対処法なのです。

Comments are closed.